読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2週間で基本情報技術者試験に合格する方法

Programming

アクセス解析を見てみると私のブログには基本情報技術者試験の情報を求めてきている人が結構いるみたいなので、FE試験を申し込んだけど今まで勉強が進まなかった人向けに短期でFE試験に受かるためのスケジュールを私が決めてしまいたいと思います。


ちなみにこの方法はとにかく試験に受かればいいやって人に向けて書くので、知識の定着とかは度外視します。

それと他にもいろいろやり方はあると思うんですけど、どうせ短期間では大したことはできないので勉強法の選択肢もなしです。『とにかくこれをやれ!』ってスタンスで書きます。
想定勉強時間は一日約7時間、二週間で約100時間です。



今年の秋試験は10月19日なので、10月5日までにこのエントリーを読めば合格できます!(`・ω・´)


事前準備

テキストを買いましょう。










残り14日〜11日

まずは午前試験の過去問を解きましょう。計算問題は解かなくてもいいです。
本当に今までまったく勉強していなかった人もとりあえず6期分解いてください。

一日2期分解いて答え合わせをしたら、その日でた問題と答えをしっかり暗記してください。テキストを読む必要はありません。とにかく暗記です。


問題を重ねていくと、ほとんど同じ問題が沢山出題されるのがわかると思います。ここでは知識の定着は考えずにひたすら問題と答えを暗記してください。くどいですが計算問題は解けないと思うのでシカトでOKです。


6期分(やりたい人はもっとやっても良い)解き終わったら、問題の解説をみても理解できなかったとこやなかなか暗記できなかったところをテキストに戻って理解するようにしてください。ここは理解が優先で大丈夫です。
この4日間で午前試験の計算問題以外はしっかり合格点が取れるはずなので安心してください。

過去問はこちらです。




残り10日〜9日

この二日間では午前試験の計算問題のみ対策します。
計算問題に必要なのは知識ではなくパターンの暗記です。さすがに計算問題で同じ問題はでませんが、同じパターンの問題は沢山出てきます。
まずは過去問の計算問題を答えを見ながら解いていきましょう。分からないとこがあればテキストに戻ってください。

そして、以下のサイトで同様に計算問題を答えを見ながら解いてください。分野別問題の01と02ですね。

http://xn--n9q36mh1hnxuksz7wt.jp/index.html


沢山問題がありますが、パターンはそんなにないのでこの2日で必ず攻略できるはずです。



残り8日〜4日

午後試験の対策に移ります。
午後試験はアルゴリズム表計算の勉強に比重を置きます。
集中ゼミを演習問題を中心に読んでいってください。基本的な問題さえ解ければOKです。試験では合格点が取れればいいのです。
これは3日をめどに読みきってください。


そして表計算です。
これも基礎的な問題が解ければOKです。
らくらく突破表計算表計算の基本的な操作だけしっかり覚えてください。
そうすれば試験時間の使い方しだいで十分合格点が狙えます。
しかし表計算は最悪2〜3問取れればいいやと考えておいてください。



残り3日〜1日

午後試験の過去問をできるだけ解いてください。
午前試験とかぶっている範囲はおそらくある程度解けると思いますので、問題形式に慣れることを第一に考えてください。
そしてわからないところがあればテキストに戻ってください。午後試験は理解と慣れが重要です。


ちなみにアルゴリズム表計算もこの時点で基本的な問題を取りこぼさない程度にできていれば十分合格レベルです。
それよりも大事なのが、午前問題の知識を応用した選択問題の範囲ですので、そちらに重きを置くようにしてください。



試験当日

何よりも時間配分が重要です。
午前試験は時間が余ると思うので割愛しますが、午後試験は普通に解いていてはギリギリまで解いても解き終わらないと思います。


まずは選択問題を解いてください。
大問一つにつき15分を目安に、それ以上は踏み込みすぎないように気をつけます。
とにかく合格点が取れればいいのだということを忘れないようにしてください。


そしてアルゴリズム表計算にはそれぞれ30分を使ってください。
基本的な問題を取りこぼさないことを前提に、多少難しく見える問題も基本的な知識を駆使すれば選択肢を絞り込むことができるのが分かるはずです。そして選択肢を絞り込んだらあとは運任せで適当にマークしましょう。

以上のように時間を使うと時間が余るので選択問題に戻って、取りこぼしがないか、難しい問題が解けないかをもう一度よく確認してください。




最後になりますが、たった6割の点数で合格できることを忘れないで下さい。
ホントに基本的な問題を解けるようになれば合格できるのです。頑張ってください。